MENU

事故被害に遭って示談で困っている方は相談を

交通事故の被害に遭ってしまって困っている方は、思っている以上に多いものです。怪我の治療をしなければならないのに保険会社との示談を進める必要があり、どうしても手間で面倒になってしまいます。

 

いきなり示談を進めるとは言っても分からないことも多く、どうしても保険会社が提示する示談内容で決めてしまう場合も多いです。しかし、保険会社の提示する示談は被害者に不利になる内容であることが多く、怪我の治療に関しても長引きそうであっても治療費の支払いが打ち切られてしまう場合すらもあります。

 

もちろん支払われる慰謝料の金額も本来得られる金額よりも少なくなってしまい、保険会社によっては慰謝料の支払いをしないところもあります。交通事故の被害にあって怪我を負っている以上は慰謝料が獲得できるのが通常であるため、保険会社の示談で納得をしてしまうと得られる金額が少なくなる、または治療費などの実費から見てマイナスになることすらもあり得ます。

 

後から示談内容がおかしいと感じても、一度成立をしてしまった示談をやり直すのは難しいです。示談のやり直しのためには双方の合意が必要となるため、過失割合の見直しがされると支払う保険金が増えてしまう保険会社としては示談のやり直しに応じるはずがありません。

 

こうなると交通事故の被害者が泣き寝入りとなるので、初動からしっかりと示談を進めるためにも交通事故案件に強い弁護士への相談や示談の依頼を行っておくと良いでしょう。交通事故が多い愛知県などの地域であれば多くの弁護士で対応をしてくれるので、被害に遭ってしまった方は愛知県での交通事故示談の依頼を考えてみましょう。